2010年 03月 03日
夜の十六羅漢②
a0153950_5533114.jpg
今日はあまり気分が乗らない。
でも何か撮らなきゃと思い、夜の十六羅漢へ。
サっと1枚だけ撮って帰ってきました。

ここ数日、色合いの迷宮に迷い込んでいます。
なんでも白黒つけようとする性格が災いしてのことなのか、
はたまた無理にでも答えを見つけることで、考え続ける
ことから逃れようとする弱さからくるものなのか・・・。
『思考と努力』 『継続と忍耐』

・夜の十六羅漢①はこちら
・夜の十六羅漢③はこちら

(盛岡市・らかん児童公園)

[PR]

by big-13 | 2010-03-03 06:06 | 街並 | Comments(6)
Commented by yuumi178 at 2010-03-03 16:55
初めてこのblogにお邪魔して、拝見した写真が『夜の十六羅漢』だったと思います。
ものすごく印象的で、他のお写真も全部拝見して
この方の撮る写真がとても好きだなぁと思いました。
私がエキサイトでblogを始めたのも、実はbig-13さんの影響がすごく大きいのです(^^ゞ

色合いの迷宮に迷い込んでいるのですね。
それも向上心があっての事だと思います。
でも気分が乗らない日もあって当然だと思いますよ。
「何か撮らなきゃ」と思って撮るのはキツくないですか?
私も毎日更新を目指してしますが、毎日撮っている訳でもなく
ゴソゴソと在庫から出してきてみたり(笑)

少なくとも私はbig-13さんのファンの一人でありますので
楽しんで写真を撮って欲しいなぁと思った次第であります(^^)
長々と、すみません(^^;
Commented by ウシポニ at 2010-03-03 18:56 x
こんばんは。

十六羅漢ですか。ここ、そういえば行ったことない気がします。
盛岡いるの長いし、このあたりで働いた経験もあるのに・・・。
夜の雰囲気、私が思っていたのと印象が違いました。
なんか、もっと暗いところというイメージがありました。
外灯の光、地面や石造に積もる雪。
こう、なんか、雰囲気、空気が締まっている感じがします。
また、知らない盛岡を知ることができました。
Commented by chikka-camera at 2010-03-03 19:54
十六羅漢は、うっすら雪が積もると、とても素敵ですネッ!
十六羅漢から歩いて3分程で、盛岡八幡宮^^☆ 
私は・・
「はじめての10mm」での鳥居の迫力に魅せられて、毎日お邪魔させて頂いておりました♡
私も皆さんのファンですぅъ( ゚ー^)イェー♪
十六羅漢の隣は、保育園でしたね?
可愛いちびっこ達が、先生に手をひかれ、お散歩する姿も見かけます♡
色合いの迷宮・・難しそうですぅ(--;) 
私は・・全て迷宮入りで、入口も出口も分からないまま、やっぱりゴソゴソと在庫から(笑)引っ張り出しています^^;
Commented by big-13 at 2010-03-04 06:07
yuumiさん、おはようございます^^
たびたび溢す私のくだらない愚痴を受け止め、その都度
温かい言葉をかけていただいて本当に感謝しています(^^ゞ
色合いについても、成長過程においての”壁”と認識して焦らず、
ゆっくりとでも良いので確実に越えて行きたいと思います。

”楽しんで撮る”本当にその通りだと思います。
こんな当たり前で重要なことを忘れるなんてどうかしてました。
これからは楽しみながら撮ることを第一に写真と
付き合って行きたいと思います。

温かい励ましのお言葉をありがとうございます♪
Commented by big-13 at 2010-03-04 06:14
ウシポニさん、おはようございます^^
十六羅漢のあたりで働いていたことがあるのですか。
でも意外と近い場所って”いつでも行ける”と思って行かないもんですよね^^
私もカメラを始めるまでは十六羅漢の場所すら知りませんでしたから。

写真では明るく写ってますが、実際はもっと薄暗くて
夜中に独りで行くのは避けたい場所かもしれませんね(^^ゞ
Commented by big-13 at 2010-03-04 06:32
chikkaさん、おはようございます^^
10mmで撮った鳥居がそのような影響を与えていたんですね。
とても励みになるお言葉、ありがとうございます。

仰るとおり、十六羅漢の隣は保育園ですよ♪
写真というのは、ある程度の基準はあれど
明確な答えのない世界なので、自由な反面
進む方向を見失いがちですよね。

例えるなら、太平洋の真ん中にドボンと投げ出されて
”さぁ自由に泳いでいいよ~”と言われたような感覚です(笑)
どこに向かって泳げばいいのか、どれくらいの距離を泳げば
いいのかさっぱり解りません。
それが正しいかどうかは別として、自分なりの羅針盤を
持たなければ、押し寄せる不安であっという間に海の藻屑です。

でもこれからは”yuumiさん”仰るとおり”楽しむ”というもっとも
正確で力強い羅針盤を片手に写真道を歩んで行きたいと思います。


<< 夜の岩手県民会館+重機      薄っすらパキラ >>