2014年 03月 05日
紙幣マクロ
a0153950_07320761.jpg
久しぶりに接写リングを使い、お札をマクロ撮影してみました。
普段何気なく使っている紙幣ですが、こうして拡大してみると意外な発見があったりしますね。



_MG_2670
一万円札左下のホログラムです。


_MG_2677


_MG_2680


_MG_2675


_MG_2674


_MG_2668


_MG_2667


_MG_2666


_MG_2665


_MG_2664


_MG_2659
千円札の富士山。
本物は遠くて撮りに行けないのでお札で我慢します(笑)


IMG_4199
この1枚だけ過去にリバースアダプターを使用してレンズを反転させて撮ったものです。



[PR]

by big-13 | 2014-03-05 07:50 | マクロ | Comments(6)
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-03-05 10:28
おはようございます。
虫眼鏡で見るより、さらに大きく見えますね。
これだけ寄るとピントを合わせるのも大変ではないですか。
面白そうなので、僕も挑戦してみます。
Commented by M-syaraku at 2014-03-05 16:26 x
紙幣マクロだけに紙技のピンとですね!お見事!
Commented by ruudran at 2014-03-05 19:29
接写リングでここまで切り取れるんですね。

リバースアダプターは借りたことあるんですが
浅すぎり深度にビックリした記憶があります(笑)
Commented by big-13 at 2014-03-05 20:48
旅プラスさん、こんばんは^^
三脚使ってミラーアップでピントはフォーカスリングではなく
カメラか被写体のどちらかを前後に動かして合わせます(o^-^o)
ピントはシビアですが通常の1:1マクロレンズより
グッと寄れるのでさらに迫力のある画が撮れますよ!
たしか旅プラスさんもエクステンションチューブをお持ちでしたよね。
ぜひお試し下さい♪
Commented by big-13 at 2014-03-05 20:50
写楽さん、こんばんは^^
キレのあるダジャレをありがとうございます(*´艸`*)
katさんと互角の闘いができそうですね!
Commented by big-13 at 2014-03-05 20:59
しゅーさん、こんばんは^^
そうなんです。意外と寄れるんですよ♪
僕が使っているのは3連接写リングと言って
厚さの異なるリングが3つ繋がっているものなんです。
リバースアダプターは雪の結晶とかさらに寄りたいときに威力を発揮しますよね!
深度が極端に浅い、電子接点がないので絞りは強制開放
(裏技で回避できるらしいですが...)
レンズ情報は記録されない、ライブビューでピントを追い込めない
(これが意外と致命的かも..)など欠点は目立ちますが、
代えの効かない利点もありますよね(o^-^o)


<< 心の山です、岩手山~♪      コクチョウ(黒鳥) >>